1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

そんな事情が…レジ袋有料化の裏側

レジ袋の無料配布を継続するお店も。

更新日: 2020年07月01日

5 お気に入り 31716 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

いよいよ7月1日から…

プラスチックごみの問題の深刻化を受けて、国は省令を改正し、7月1日からプラスチック製のレジ袋の有料化を義務づけます。

義務づけられるのはすべての小売店で、対象となるレジ袋はプラスチック製で持ち手がついているものです。

すでに4月から有料化を始めた店もあり、消費者は環境に配慮したライフスタイルへの変換が求められている。

ただ、無料を継続する店舗もある

7月1日から始まるプラスチック製買物袋有料化義務化以降も、弁当用レジ袋の無料提供を継続する。

全国の吉野家店舗で使用しているテークアウト用レジ袋を、7月1日からバイオマスプラスチックを配合したものに変更する

大手スーパーでも…

7月1日からバイオマス原料50%配合のレジ袋(大5円・小3円)を販売すると発表した。

この「バイオマス配合」とは何か

バイオマスとは、「動植物から生まれた、再利用可能な有機性の資源(石油などの化石燃料を除く)」のことです。

主に木材、海草、生ゴミ、紙、動物の死骸・ふん尿、プランクトンなどを指します。

バイオマスは再生可能なエネルギーの中で唯一有機性であり、炭素を含むエネルギー資源です。

このバイオマスを一定割当配合すると

植物由来のバイオマス素材を25%以上配合したものなど有料化の対象外も設けられた

「バイオマス素材の配合率が25%以上のもの」は石油資源の節約やCO2削減につながるため、有料化の対象外としている。

1000RT:【きょう1日から】プラごみ削減へ、「レジ袋の有料化」スタート news.livedoor.com/article/detail… コンビニ大手でも3円や5円で販売。紙袋や布袋、バイオマス素材を25%以上含むレジ袋などは有料化の対象外となる。 pic.twitter.com/CCBkT22TFB

そうした袋に切り替えて無料での配布を続ける店もあり、対応は分かれています。

人気チェーンは有料化を回避

業界大手のマクドナルド、吉野家、ロイヤルホスト、くら寿司などがバイオマス素材のレジ袋に切り替え有料化を回避する方針

1 2