1. まとめトップ

【節約で時短で美味しい!】の3点セットレシピまとめ

節約料理でも美味しくないのは嫌、そして時間かかるのも嫌。。というわけで3つセットのレシピをまとめてみました。

更新日: 2020年07月26日

3 お気に入り 5267 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

節約料理でも美味しくないのは嫌、そして時間かかるのも嫌。。というわけで3つセットのレシピをまとめてみました。

matyupityuさん

節約と時短と美味しいもののセットはどういうものがいいのか

仕事で遅く帰宅した日の晩ごはんは、なるべく手間をかけずに用意したいですよね。そんなときの強い味方が、ササッと準備できて洗い物も少なくて済む「どんぶりもの」。

節約レシピも工夫次第でより美味しくいただけます。新たな節約レシピにトライすることで、家庭の定番料理が増える可能性も大。

ポイント1:調味料は、できるだけ家にある使い慣れたものを利用すること。
ポイント2:よく使う野菜類は、安売りの時などにまとめ買いして常備しておくこと。
ポイント3:単色のお料理にも彩りをプラスすることで、食欲をそそるように仕上げること。

節約になるお勧めの食材は

もやしや油揚げ、こんにゃくは有名ですがそれだとだいぶ食卓が残念になるのが悩みなところ・・
というわけで他の食材で節約になる食材を集めてみました。

ムネ肉は料理の仕方で美味しいものに

ひき肉はお肉の中でもリーズナブルで、節約レシピにはかかせない食材です。さらに、玉ねぎとパン粉を混ぜ込むことで、肉の量が少なくても満足できるメインおかずに仕上がります。

オーブントースターを使うことで、脂分を逃さず、ふっくらジューシーに仕上がります。

鶏むね肉ですが、フランスでは高級食材の1つとして愛されています。脂っぽいお肉より脂身がない方が上品とされ、しっとりと仕上げる鶏のソテーは、フレンチの定番です。

パサパサ食感が苦手という方もいますが、調理の方法次第ではしっとりと仕上がり、もも肉に負けない食感にできますよ!

上手に使えば食費が節約できる食材、ナンバー1は豆腐です!一丁30円~100円程度。食べ応えがバツグンなのにヘルシーで、食べ盛りの子どもに食べさせたいたんぱく質も摂れるとあっては、使わない手はありません。

1袋100円、しかもどんな時期でも値段が安定しているきのこは、食費節約の救世主。達人たちは、いろんな種類のきのこを上手に使って食費をグングン節約しています。

きのこを使うメリットは、調理しても形が変わらず、量(カサ)が減りづらいこと。見た目にも、食べ応えも、しっかりボリュームを出すことができます。

家族分を買うとお肉より高くつきがちな魚。食費達人たちは「魚のあら」や「カマ」を上手に使っています。

季節に関係なく1年中手に入るたまごは、切らすことはできない節約のマスト食材。1年通して価格はほぼ一定で、スーパーによっては1パック100円ほどで手に入ることもあり、節約に

たまご焼きに混ぜたり、パスタの具材に使ったり、もちろんごはんにのせたりと、ほぼ毎日食べています。

1年中いつでも、ほぼ3パック100円前後で購入できるので、安心して購入できる食材の1つ。

日持ちがして、レパートリーもたくさんあるのであって困ることはない王道の節約食材

1玉買って、外葉や芯まで使えば、たくさんの料理を作ることができます。また、キャベツは外葉や芯にもビタミンCやカルシウムがたっぷり含まれている栄養豊富な食材

根っこを置いておけば再度食べられる再生可能野菜としても有名な豆苗

豆苗は水耕栽培など工場で作られていて、通年安定した生産が可能であるため、スーパーなどで安く販売されています。

1 2 3