1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

歌姫から天使へ…母、浜崎あゆみが我が子へ送る新曲にファン感動

自身がモデルのドラマ「M 愛すべき人がいて」の最終第7話が7月4日に放送され、”Mロス”との声も聞かれる中、2年ぶりとなる新曲「オヒアの木」が急遽配信リリースされ話題に。

更新日: 2020年07月05日

5 お気に入り 45015 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

1話ごとSNSで話題になっていた連続ドラマ

ヒロイン・アユ役の安斉かれん、音楽プロデューサー・マサ役の三浦翔平のW主演で、平成の歌姫誕生とそこに秘められた出会いと別れを描いた作品。

田中みな実演じるマサの秘書・姫野礼香、水野美紀演じるトレーナーの天馬まゆみなど、強烈なキャラクターたちも作品のスパイスとなっている。

4日、ついに最終回を迎えました

#M愛すべき人がいて ついに完結 理由なく始まりは訪れ 終わりはいつだって理由をもつ… そして、なんとあのCMも再び…⁉️ 最終回に華を添える✨ ☝️この後 よる11:15放送 お見逃しなく #安斉かれん #三浦翔平 #田中みな実 #高嶋政伸 pic.twitter.com/KnT7AeinrC

ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分/ABEMAで全話独占配信)の最終第7話が7月4日に放送

アユとマサ、そして周りの人々の切ない思いが絡み合う最終回は、これまでの『M』らしくない、純粋な愛の行方と、その先の未来が描かれ

アユ(安斉かれん)とマサ(三浦翔平)が互いを大切に想い、激しい葛藤の末に選んだ最後の決断に多くの反響を呼んだ

ネットからは、”Mロス”になっちゃうとの声も

「M 愛すべき人がいて」最終回観ました✨ アユの周りがいい人達で良かったです!! 感動して泣いてしまいました(´•̥ ω •̥` *) とてもいいドラマでした!!

ドラマ「M愛すべき人がいて」の最終回を見終えた。ドラマを全話、しかも毎週放送を楽しみにして観たのはそれこそ20年振りくらい。本当にたくさん笑ったし、最終回のみんな良いキャラになるザ・最終回って感じの展開も良かった。明日からMロスだなぁ。 #M愛すべき人がいて

「M愛すべき人がいて」最終回見終わった✨ハラハラドキドキ時には感動するシーンがあったりとかしたけど内容の濃い最終回でした✨来週から見れなくなるとしばらくはMロスになっちゃうよ✨楽しませてくれてありがとう✨ pic.twitter.com/effAmO7UoR

そして放送後、はじめて浜崎あゆみ本人からコメントが

浜崎あゆみ本人が放送終了直後、自身のツイッターで初めて「感想」をコメントした。

翌日5日、初の日本語タイトルとなる新曲がゲリラリリースに

昨年末に出産していたことを公表している浜崎が母になって初めて書き下ろした新曲

「Who...」「HEAVEN」を手がけた菊池一仁作曲のバラードナンバーで、彼女にとってデビュー以来初の日本語タイトル曲

オヒアはハワイの神話に登場し、火山の女神ペレの化身といわれ、古くから神聖なものとされている。

突然の新曲にファンからもさまざまな声が

その歌詞は愛する我が子へのメッセージとなっており、浜崎にとって新境地ともいえる内容がファンの間で大きな話題となっている。

ファンなら一瞬でわかる。 初めての日本語タイトルの曲。 ひとりの為に作られたひとつだけの意味を持つ曲。 #オヒアの木

1 2