1. まとめトップ

『MOTHER マザー』だけじゃない!「長澤まさみ」のおすすめ作品

公開中の主演映画『MOTHER マザー』の汚れ役が話題の女優「長澤まさみ」。そのおすすめ映画・ドラマ。『ドラゴン桜』、『プロポーズ大作戦』、『ラスト・フレンズ』、『コンフィデンスマンJP』、『ロボコン』、『世界の中心で、愛をさけぶ』、『モテキ』、『キングダム』。

更新日: 2020年07月07日

2 お気に入り 8001 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

【ドラマ】

◆『ドラゴン桜』(2005)

徹底したリアリストぶりを貫く三流弁護士から伝授された独自のテクニックによって、偏差値36の落ちこぼれ高校の生徒たちが東大合格を目指す異色の学園ドラマ。弁護士の桜木(阿部寛)は倒産処理の任命を受けて、経営難に陥った私立龍山高等学校にやって来る。

『桜木先生、ありがとう。』 青春ドラマとして大好きです この時期は山下智久さんにお世話になりっぱなしです笑 山下智久・長澤まさみ・新垣結衣・中尾明慶・小池徹平・紗栄子って キャスティングもありえないくらい豪華 それをまとめるのが阿部寛って言う事なし #ドラゴン桜 #山下智久 #平成ドラマ pic.twitter.com/aW4jrH785U

ドラゴン桜やっぱ面白いな。受験系のヒューマンドラマの傑作は結構は限られるしね。そして長澤まさみが可愛い

◆『プロポーズ大作戦』(2007、2008)

山下智久・長澤まさみ主演のセミスイートな恋愛ドラマ。思いを寄せていた幼なじみ・吉田礼(長澤)に告白できないまま、彼女の結婚式に出席することになった主人公・岩瀬健(山下)が、ダンディな妖精の力を借りて再び恋の成就を試みる物語。

プロポーズ大作戦長澤まさみ史上最高のピュア作品で胸が苦しめられるほどキュンキュンするしNGが最高にかわいいまさみしか勝たん pic.twitter.com/NTnPk0a4VM

プロポーズ大作戦一話から見て思った。 名作。長澤まさみ可愛すぎ

プロポーズ大作戦の時の 山Pと長澤まさみって最強よな

◆『ラスト・フレンズ』(2008)

DVやセックスレスなど、現代人が抱えるさまざまな問題を真正面からとらえ、恋に臆病だった若者たちが自分らしく前向きに生きていく姿をリアルに描いた青春ヒューマンストーリー。

宇多田ヒカルの「prisoner of love」聴いてたら懐かしくて 「ラストフレンズ」思い出したわ ほんとに心にくるドラマだったし、当事者的には上野樹里の気持ち分かりすぎて辛かったりもしたけど、ほんとに色んな人に見てほしいドラマだよ 素晴らしかった 上野樹里と長澤まさみのキス見れるのなかなかない pic.twitter.com/gIJLmss29B

ラストフレンズ、1話からやっぱ衝撃的だな〜名作なだけある。 長澤まさみ、この時まだ20歳だし若い!!

ラストフレンズは長澤まさみが出てたドラマで 色んな問題を抱えた男女6人の様子を描いたものなんやけど その中で錦戸亮演じる宗ちゃんは長澤まさみの彼氏で すっごい束縛の強いメンヘラ彼氏やねんな DVとかも結構激しくって亮ちゃんの演技力ヤベェってなるし衝撃的なラストやから是非見てほしい(宣伝

◆『コンフィデンスマンJP』シリーズ(2018-)

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世共演による痛快コメディ。一見、平凡で善良そうな姿をしたダー子ら3人のコンフィデンスマン=信用詐欺師が、壮大かつ奇想天外な計画で、様々な業界の欲望にまみれた人間たちから大金を騙し取る。

せかちゅーで長澤まさみが坊主になってた頃、この娘はリアルでシビアな役を演じ続けて吉永小百合みたいに正統派清純女優を全うするんだろう…なんて思ってたが、まさか「ダー子」という人生最大のコメディドラマの当たり役を引き当てるとは思いもよらなかった。サイコーだよ! #コンフィデンスマンjp pic.twitter.com/cKI92YT7EY

コンフィデンスマン最終回まで最高すぎた!キャラクターよし!ノリよし!オチよし!の傑作やった!長澤まさみも可愛かった! 最終回のオチであんまり面白いと思わなかった1話も意味の深いものに! 映画も楽しみ!続編もやってほしいなあ。今期1番! #コンフィデンスマンJP

「コンフィデンスマンJP」ドラマと映画を一気に観る。そんなことあるか~い!と突っ込みどころ満載だがコンゲームコメディとして通快で面白い。だー子は長澤まさみの最高傑作かも。思わず涙するシーンもたくさんあり、騙されて泣くなんてマジ不覚。( >Д<;)

【映画】

◆『ロボコン』(2003)

理数系の甲子園と呼ばれる“高専ロボコン”を目指す高等専門学校生の姿を描く青春ドラマ。高専に通いながら無気力に過ごす里美は、居残り授業を免れる代わりにロボット部に入部。やる気のない3人の部員と共に彼女は全国大会に出ることになる。

映画『ロボコン』(2003)を再見。長澤まさみの10代出演作はいずれ再評価される時が来ると思うのだけれど、”セカチュー”よりも絶対”ロボコン”。 pic.twitter.com/i6bESGeZ9M

1 2