1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ciongardenさん

江戸時代の肥後(熊本)に出現した妖怪。外見は人魚のようで、鳥に似たくちばしがある。「病がはやったら私の写し絵を人々に見せよ」と言いのこし、海へ消えたとの言い伝えがある。

アマビエが言った「私の姿を写して人々に見せよ」という言葉から、新型コロナウイルスの感染収束を願った人たちが、Twitterで投稿しまくったわけなんですね。

広告代理店最大手の電通が商標登録出願

[商願2020-73403] 商標:[画像] (標準文字) / 出願人:株式会社電通 / 出願日:2020年6月15日 / 区分:9(アプリケーションソフトウェアほか),35(広告業ほか),38(電気通信ほか),42(インターネット上のポータルサイトの提供ほか) pic.twitter.com/9h54f9QoJF

電通の「アマビエ」の商標申請について。 twitter.com/trademark_bot/… 下記で「商標」にチェックして「2020-73403」で検索すると件の検索結果がでます。 J-PlatPat(特許情報プラットフォーム) j-platpat.inpit.go.jp #アマビエチャレンジ #ゲゲゲの鬼太郎 pic.twitter.com/hbm9lmu2ZP

電通以外にも

過去の事例:のまネコ問題

、エイベックスのグループ会社が「のまネコ」などの著作権表示をつけた商品を販売したことなどに対して、ネット上で抗議が発生し、殺害予告が書き込まれるなどの社会的問題にも発展した一連の事件である。

エイベックスが「のまネコ」「米酒」などの名称や図形を商標登録申請したため、2ちゃんねるユーザーをメインに多くの人たちが「のまネコは2ちゃんねるのモナーに酷似してる」「誰のものでもないネットキャラクターを商標登録するのか」とブチギレ激怒。大炎上となったのである。

弁理士さんはこう考える

(1)商標は「選択物」。なので、既存の概念や言葉を出願することそれ自体は別に非難されるべきことではないです。

(2)商標って「言葉狩り」の道具ではないので、仮に上記の出願が登録になったとしても、
他の人が「アマビエ」という言葉を使っちゃだめ、ということではない点はよくよく考えていただきたい。
商標権取得の効果として得られるのは、指定商品/役務についての『商標としての』独占的使用であって、それ以上ではないです。

とした上で...

[そうは言いつつも]
…とは言ったって、まあ登録されている言葉を使うことには抵抗が出てしまうのも事実。
影響力の大きさを考えたら、適切な出願行動だったのかなぁ、とも思ってしまいます。

SNS上の声

アマビエの商標の権利を電通が取ったけどアマビエ関連で儲けるメリットより、その横暴で悪評がさらに強まるデメリットのほうが大きい気がする

@naito_yosuke 絶対に許せません。日本の財産とも言える創造物を勝手に商標登録してビジネスにしようとするなんて。もってのほか。 #電通のアマビエ商標登録に抗議します

まだ出願段階ではありますが…電通は日本中から嫌われたいんでしょか(ー ー;)自粛の中、皆が互いを励まし合うように描いたり作ったり楽しんでた皆のアマビエ様を何の権利があって独り占め、商標登録などと言う発想に至ったのか( *`ω´) twitter.com/hoshusokuhou/s…

電通がアマビエを商標登録出願した件は、厚労省もアマビエを感染症対策のアイコンに採用しているので「変なパテントトロールに商標を取られて法外な使用料を請求されるよりは」という意思が働いているのかも知れないが、電通自体がボストロールのイメージなのでスッキリしない。

電通による「アマビエ」の商標登録に問題があると考える方へ。 出願申請が行われ、審査段階であれば特許庁に対して情報提供と云う形で申し立てを行う事が可能です。正式な登録後は、かなり煩雑な異議申し立てを行う必要がある為、是非とも審査段階で意見する必要があります。jpo.go.jp/system/tradema…

RT 株式会社電通 アマビエを商標として登録を出願! 商標出願2020-073403 j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-20… < 「Bad Invasion.」 電通の企業広告 - 企業理念 - 電通 dentsu.co.jp/ad/ 「Good Innovation.」

電通、商標登録を取り下げる(2020年07月06日)

「当社取引先において『アマビエ』という名称を使うキャンペーンを検討していました。現時点では商標登録されていなかったものの、今後、第三者が商標登録をする可能性を考慮した結果、キャンペーン中に権利侵害が発生する可能性があるため登録を試みました。しかし『アマビエ』の活用については再検討することとなったため、商標の出願取り下げの手続きを行いました」

仮に商標登録されたとしても「商標の独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」とネット上で指摘されているような懸念は否定した。

日本の広告をほぼ独占している企業が「アマビエ」を利用して大々的なキャンペーンに利用すること自体いかがなものかと思う。

1