1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「DVに言い訳はない」…英人気ロックバンドのボーカル脱退に様々な声

英・レスター出身のロック・バンド「カサビアン」(KASABIAN)のフロントマンのトム・ミーガン(Tom Meighan)が“個人的な問題”を理由にバンドを脱退。翌日、トムがフィアンセにDVで有罪になったことが発表されバンドがコメントしています。

更新日: 2020年07月08日

4 お気に入り 24793 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

英の人気ロック・バンド

カサビアン(Kasabian)のフロントマン、トム・ミーガン(Tom Meighan)が

Tom Meighan is stepping down from Kasabian by mutual consent. Tom has struggled with personal issues that have affected his behaviour for quite some time and now wants to concentrate all his energies on getting his life back on track. We will not be commenting further.

トム・ミーガンは、相互の同意により、カサビアンから退くことになりました。トムはかなり前から自分の行動に影響を与えている個人的な問題に苦労しており、今は自分の人生を軌道に戻すことに全力を注ぎたいと考えています。これ以上のコメントは控えさせていただきます

翌日、フィアンセにDVを行っていたことが報じられた

翌7日には、Tomが元フィアンセへ家庭内暴力を行ったことが英BBCなどで報じられた。

4月9日、Vikki Agerさんを部屋の向こう側に投げ飛ばしたり、彼女の頭を叩いたり首に手を回すなどの暴行を加えたという

Vikki Ager=元フィアンセ

その様子は子供が目撃しており、通報されたそうだ。ミーガンは酔っぱらっていたと言われる。

BBCによるとTomは罪状を認めており、200時間の無償労働を含む18ヶ月の社会奉仕活動や、5日間のリハビリテーションなどが言い渡されたという。

バンドはトムの裁判が一段落したことを契機に声明を発表

Now that the legal proceedings have been concluded, we can comment on the departure of Tom Meighan from the band. Full statement below. Kasabian x pic.twitter.com/vP7Y61sxQA

「暴力行為を大目に見ることはできないし、DVを含めいかなる形の暴力も全く容認できるものではない」と理由を述べています。

「DVに言い訳はない」と締めくくり、ファンからの支援へ感謝し再会を約束しました。

英・レスター出身のロック・バンド

2004年のデビュー以降、セカンド・アルバムから最新作『ヴェロキラプトル!』まで現在3作連続で全英1位、最も権威のあるBrit Awardsでは「Best Group」も受賞。

メディアの評価も高く、世界的なライヴ・アクトとして屈指の人気

2017年の『フォー・クライング・アウト・ラウド』も全英1位を獲得。

Kasabian - You're In Love With a Psycho (Official Music Video)

彼らのスタイルはストーン・ローゼズやプライマル・スクリームと、オアシスの中間に位置すると表現されることがある。

1 2