1. まとめトップ

盗品をメルカリで転売…『盗めるアート展』で警察が出動する騒ぎに

東京都荏原のアートギャラリーで『盗めるアート展』を開催。アート泥棒に全ての作品が盗まれ、近隣住民からの苦情で警察官も出動した。盗品はメルカリなどに出品されている。

更新日: 2020年07月10日

1 お気に入り 4865 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

東京で『盗めるアート展』が開催された

無人のギャラリーには監視カメラは設置されている。

東京都荏原の『same gallery』で、作品を実際に「盗む」ことができる「盗めるアート展」が開催される。会期は7月10日~19日。

企画趣旨に賛同した現代アーティストとクリエーターが作品を展示し、来場者は作品を「盗む」ことができる。

展覧会ではいくつかのルールを定めており、作品を持ち帰る人を「アート泥棒」と呼称した上で、「盗む作品は一組につき一点限り」に。

「盗めるアート展」は盗まれた側が持っている映像を使ってさらなる展開をしていくだけでは… pic.twitter.com/tKwrK3dzCr

こんな作品が展示された

RT @chu_yoh: 作品見られなかった方がほとんどだと思うので。 レセプションパーティーで撮った作品になります。 #盗めるアート展 pic.twitter.com/zVwNXefIdT

RT @DJyukihamu: #盗めるアート展 大地君と見に行って来たんだけど このほっっっっそいマイマネー めっちゃツボだった笑 お香?!?!wwwww pic.twitter.com/gEFB7H3mkc

アート展では警察が出動

7月10日午前0時から開催予定だった「盗めるアート展」の開場時間30分ほど前に人がなだれ込み、一瞬で全作品が盗まれる事態になった。

ギャラリーのある住宅街の周辺道路は人が密集し、近隣住民からの苦情で警察官も出動したという。

#盗めるアート展 「盗めるアート展」行ってきました。泥棒様が暴徒化w 人の怖さを見た。 pic.twitter.com/hNjc8NZ5uK

盗めるアート展、ついに本当の警察が来ちゃってて「ガチ」ってかんじ pic.twitter.com/xo0A4GcWj1

盗品はメルカリで転売されている

持ち帰った作品の用途は自由だが、一部はフリマアプリ「メルカリ」やオークションサイト「ヤフオク!」に出品され、ネット上では「盗んだ作品が出品される流れまでを含めて展示なのでは」と注目を集めている。

#盗めるアート展 (合法的な)アートの盗品市場を、フリマアプリやオークションサイト上で現出させた点はおもしろいと思います

偽の『盗めるアート展』の作品を出品する人もいる

1 2