1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大分県日田市に駆けつけた…尾畠春夫のボランティア活動に称賛の声

九州北部に降った豪雨で玖珠川が氾濫し、大分県日田市の天ヶ瀬温泉に被害が出ている。

更新日: 2020年07月11日

5 お気に入り 32832 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

玖珠川が氾濫で天ヶ瀬温泉にも被害

九州北部に降った豪雨で大分県日田市も被害にあった。

国交省によると、7月7日午前8時35分、筑後川上中流部で氾濫が発生し、日田市で流域の建物が浸水するなどの被害が出ている。

筑後川の支流・玖珠川が氾濫。天ヶ瀬温泉では中心部を流れる川にかかる橋が壊れ、激しく被害を受けたことがわかる。

大分県日田市の天ヶ瀬温泉は、新型コロナウイルスの影響で多くが今月1日から営業を再開したばかりだが、今回、約20軒の半数が筑後川支流の氾濫で浸水した。

天ケ瀬温泉付近って こんな風情ある所なんだね、コロナ禍での天災、関係者の御心痛察します。早く通常の生活、商いが出来ます様に。 pic.twitter.com/ee2Rg5Xqzd

天ヶ瀬温泉とは?

玖珠川のせまい渓谷の両岸にずらりとホテルと旅館が建ち、岩がゴロゴロところがる河川敷には天然に近い露天風呂が点在する。

玖珠川の河原には共同露天風呂が5箇所と旅館所有の露天風呂が2箇所存在する。共同露天風呂は、JR天ケ瀬駅から徒歩約1分程にある「駅前温泉」をはじめ、「薬師湯」「神田湯」「益次郎温泉」「鶴舞の湯」の5箇所。

奈良時代の「豊後国風土記」にも記されている古い歴史の温泉。泉質は単純泉、イオウ泉で、リウマチや皮膚病に効果がある。

被災地でボランティアの受け入れを開始している

コロナ感染を警戒して、ボランティアの受付を県内限定にしている。

被災地では、新型コロナ感染拡大防止のため、ボランティアの募集対象を自治体内に限定するケースが相次いでいる。

市内全域に避難指示を出している熊本県人吉市も、7月9日時点で当面は熊本県外からのボランティアは受け入れないとしている。

福岡県から参加を希望する男性も訪れたが、「せっかく来てくれたのにとても心苦しいが、新型コロナウイルスの感染防止のためにお断りさせていただいた」(担当者)という。

ボランティアでもコロナ対策が必要

受け付けを終えたボランティアは、新型コロナウイルス対策で検温などをしたあと、作業上の注意点の説明を受け、さっそく現地に向かいました。

実際の作業も少人数で分散して行う。作業中のマスク着用を求めているため、これまでより熱中症対策にも注意しているという。

【#九州豪雨 被災地から】大分県日田市の #天ケ瀬温泉 では、#ボランティア らが被災した旅館や家屋の片付け作業を行っています(2020年7月11日撮影) pic.twitter.com/sEXnTIoYTN

大分県日田市にスーパーボランティア尾畠春夫が駆けつけた

尾畠春夫は、大分県速見郡日出町在住のボランティア活動家。元鮮魚商。

川の氾濫被害を受けた、大分県日田市の天ヶ瀬温泉街。スーパーボランティアの尾畠春夫さんが駆けつけた。

当初は熊本入りを目指していたが、県外からのボランティアを受け入れていなかったため目的地を変更した。

日田市天瀬町に車を走らせ、最初に目に入った旅館「天龍荘」でロビーや事務所の泥のかきだしを買って出た。

尾畠春夫「小1時間前にやっと着いた。やっぱり自然災害には勝てんね。だから頑張るしかない」

「悲しんでいる人いる」スーパーボランティアが被災地に t.asahi.com/wgto 連日の大雨で大きな被害を受けた #天ケ瀬温泉(大分県日田市)に、「スーパーボランティア」として知られる同県日出町の #尾畠春夫 さんが駆けつけました。(志) #令和2年7月豪雨 #九州豪雨 #大分 pic.twitter.com/nxBwfjaQPq

1 2