1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

これはとんでもない。米に上場してる中国企業の悪行がヤバい…

米のナスダック市場に上場している中国企業の悪行があまりにもヤバいと話題になっています。

更新日: 2020年07月11日

7 お気に入り 32427 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■アメリカのナスダック市場

ハイテク産業などを中心に約5000社が上場している。日本市場だけでなく、アメリカやヨーロッパのナスダック市場の株式売買も可能

1971年に全米証券業協会(NASD)の主催で開設されたアメリカ合衆国にある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場

ナスダックはベンチャー企業が集まる市場だが、インターネット関連企業が世界的にも台頭したことにより有名IT企業も参加している

■このナスダックに上場している中国の「金凰珠宝(Kingold Jewelry、湖北省武漢市)」がヤバい…

金凰珠宝(Kingold Jewelry、湖北省武漢市)が、所有すると主張している83トンの純金は、金メッキを塗った銅だったことがわかった

金凰は、2013年頃から金を担保とした融資を受け、武漢の不動産プロジェクトへ投資へ始めたようだ。2015年以降、金凰は融資保険を提供するPICC P&Cとの関係を深め、金担保融資への依存度を高めて行った

■これは信じられない…

金凰珠宝は2015年以降、金を担保に信託会社15社から総額200億元(約3000億円)の融資を受けた。国営の中国人民保険公司(PICC)の子会社が融資保険を提供

関係する金融機関は、民生信託や長安信託など15の金融機関に及び、このうち民生信託の融資額が最大で40億元(約608億円)だという

「83トンの金」は、2019年時点で中国における金年間生産量の22%、また国家の金準備率の4.2%に相当することから、いかにこの金融詐欺が大きいかを物語っており、この事件は米国市場にも衝撃を与えている

■このニュースは日本でも話題に

83トンの純金、金メッキを塗った銅だった ナスダック上場の中国企業が融資担保に使用 (2020年7月3日) - エキサイトニュース excite.co.jp/news/article/E… @ExciteJapanより 中国やりよるなぁ(笑)

まぁ中国バブル自体がメッキなのだけど、しかし世界経済に与える大きいからなぁ。全世界で大作ねっとかないと。:83トンの純金、金メッキを塗った銅だった ナスダック上場の中国企業が融資担保に使用 epochtimes.jp/2020/07/59058.…

83トンの純金、金メッキを塗った銅だった ナスダック上場の中国企業が融資担保に使用 そもそもは担保の現物確認をしないで融資したということか。現物見れば、比重が違うのでプロが見れば一目だろうし。 というか銅(タングステン)って何? epochtimes.jp/2020/07/59058.…

■更に不正会計の「luckin coffee」がナスダック上場廃止というニュースも

中国の新興コーヒーチェーンで初出店から19カ月という異例の速さで米ナスダックへの上場を果たした「瑞幸珈琲(luckin coffee)」

だが数億ドル(数百億円)の不正の可能性があると同社が開示した今、旅は終わりの始まりの様相を見せている

上場申請の約1年後、Luckinは収入と支出を数億ドル(数百億円)以上水増ししていた可能性があることを公表した。しかし2020年4月には「Luckin Coffeeが320億円の不正会計疑惑で内部調査を開始」と報じられることとなった

■上場停止を言い渡された

これまでナスダックから2度にわたり上場廃止の通告を受けていたのに対し、釈明の場を設けるよう求めてきた瑞幸珈琲だが、ここにきて方針を180度転換し、通告を受け入れた

米国の証券取引所から退場を求められていたことがわかった。米国時間6月23日付で米国証券取引委員会に提出された報告書に書かれている

1 2