1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
4 お気に入り 13945 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■感染拡大に歯止めがかかっていない新型コロナウイルス

米ジョンズ・ホプキンス大のまとめによると、世界全体の累計感染者数は約1272万人、死者は約56万5千人。

日本時間12日午後3時時点

9日集計分では世界の新規感染者が約22万7千人で過去最多となるなど、感染拡大に歯止めがかからない状況が続いている。

■終息のために必要なこと

ワクチン・治療薬の開発

集団免疫

人口全体の60~80%が感染して体内に抗体ができれば、ウイルスの拡散が止まるとされる。

各国主要都市の抗体保有率は、アメリカ・NYは約21%、イギリス・ロンドンは約17%、スウェーデン・ストックホルムは約7.3%、日本・東京は約0.1%などとなっている。

■そんななか、ある衝撃の研究結果が…

中国の研究グループは、今年4月上旬までに重慶で新型コロナに感染して症状が出た患者37人と、症状が出なかった患者37人について、抗体の量の変化などを調査。

6月18日付の米医学誌「ネイチャーメディシン」より

「IgG」抗体は当初、80%以上の人で検出されたが、退院から約2か月後の調査では、抗体が検出された人のうち無症状患者の93.3%、有症状患者の96.8%で減少。

減少割合は半数の人で70%超

また、ウイルスの働きを抑える「中和抗体」の量は、無症状の人の81.1%、症状があった人では62.2%で減っていたという。

無症状の人のほうが免疫の反応が弱い

■「わずか数週間で抗体が消滅」

スペイン保健省によると、スペイン人約7万人を対象に、3カ月にわたり3回の抗体検査を実施。

その結果、1回目の抗体検査で陽性だった被験者のうち14%が、3回目の検査で陰性になったという。

わずか数週間で消失した例も

■そんな研究結果を裏付けるような出来事も

新型コロナウイルス感染をYouTubeで公表し、詳細を動画で公開している「ふあんくん」(39)の抗体が消滅したことが12日、明らかになった。

ふあんくんは3月28日に39.6度の高熱を発し、PCR検査によってコロナの陽性と判定され隔離入院し、4月18日にPCR検査で2度目の陰性となり退院。

退院後、5月22日に抗体検査を受け抗体保持を確認していたが、6月30日に簡易検査キットによる検査で陰性に。

11日の医師による検査でも「抗体の消失」が確認されたという。

PCR検査による2回目の陰性から約3カ月弱

■専門家「集団免疫は不可能」

1 2