1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
10 お気に入り 64913 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■今月になって増え続けるコロナ感染者

新型コロナウイルス感染症(COVID-19、以下「新型コロナ」)の「第2波」と呼ぶべき感染の再拡大が足元で続いている

千葉県では、新たに17人の感染が確認され、このうち6人が、クラスターが発生している「タムス浦安病院」の職員と入院患者で、この病院に関係する感染者は16人

今月1日に全国で127人の感染者が確認されてから感染者が急増を続け、10日には感染者が430人を記録した。12日も407人の感染者が出て、今月に入って約3000人増えた

■半数以上が30代以下の感染者となっているが・・・

都によると、206人のうち、感染経路が不明なのは半数近い92人。30代以下の若年層は154人で、約7割を占めた。

和歌山県は、県内に住む10代から30代の男女3人が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表しました

・実は30代でも4名が死亡している

厚生労働省の集計による年齢層別の状況を見ると、死亡者の95%、重症者の84%を60代以上が占めている。

しかし、重症や死亡のリスクが低いことは「かかっても問題ない」とは異なる。若年層の死亡もゼロではなく、20代でも1名、30代では4名の死亡者が出ている。

何らかの処置を行わないと死に至る危険性が高い状態という意味であり、一般に想像されるイメージとは異なることに注意が必要だ。

■そんな中、感染後の後遺症が問題になっている

PCR検査で陰性になった後も、おでこから後頭部にかけて殴られたように痛むことがある

新型コロナウイルスに感染していたという10代、20代の男性。すでに陰性が確認されているにもかかわらず、倦怠感、頭痛、胸の痛みなど、「後遺症」ともいえる症状に苦しんでいる

数か月にわたって発熱やけん怠感が続いたり、呼吸機能や運動能力の低下で日常生活に支障が出たりする人が多くいることが国内外で明らかになっています。

・退院後の医療費は一部を自己負担しなければならない

退院の基準を満たすまでの医療費は、全額、公費で負担されますが、その後の医療費の一部は自己負担となります。

大学生は陰性後に1週間入院し、その後も定期的に通院しているためこれまでに支払った医療費は合わせて12万円に上っているといいます。

・イタリアは5人に1人がコロナの後遺症が出ている

5人に4人(約80%)程度には発症から平均60日後にも、依然として新型コロナウイルス(SARS-CoV2)への感染が原因とみられる症状が残っていた

半数以上が「倦怠感がある」、43%が「息切れがする」と訴えていた。また、ほぼ3分の1に「関節の痛み」、22%に「胸の痛み」があったという。

4割の人が生活の質が低下していると答えており、新型コロナから回復した後も苦しんでいる方が多いことが分かります。

新型コロナ:回復後も87%に後遺症 嗅覚・味覚障害、関節痛・胸痛など 4割が生活の質低下…伊報告 : 痛いニュース(ノ∀`) blog.livedoor.jp/dqnplus/archiv… 恐ろしいウイルスなんよね。 一生、臭覚味覚に異常なんて地味にキツイと思う。

コロナウィルスにかかると後遺症がのこる人が多いという論と、かかっても軽症だから大したことないという論があってわからなさすぎる。

1 2