1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

senegirlsさん

梅雨が長引いており…

野菜の高騰が続出している

じゃがいもや、にんじんの価格は産地の天候不順の影響で、平年のおよそ2倍の高値になっています。

関東や九州地方での長雨や日照不足の影響で、ジャガイモやニンジンなど野菜の出荷量が減少し、卸価格が高騰している。

農林水産省は「今後も雨の状況次第でレタスなどの葉物野菜の価格に影響が出る可能性がある」としています。

夏野菜も影響を受けているそう

夏野菜の代表・ナスは、雨の影響でカビにやられ、廃棄せざるを得ないものもあるという。

普段は3~4本で98円のキュウリは、2本で98円となっていた。店によると、今が旬のカボチャも値段は、2019年のおよそ2倍。

SNSでは悲鳴の声が

ナスもピーマンも高いから今年あんまり夏野菜食べられてない

ずっとしけってるし、太陽もでんから、今年は野菜と魚の高騰は避けられんやろ...

夏野菜の季節かもしれんが野菜が高すぎて食べられないよー

今後も厳しい見通しだとか

「今後は入荷先が九州から東北に変わっていくが、東北でも現在雨が続いている。今後も価格が下がらないのではないか」

現在、葉物野菜は通常の2割程高くなっていますが、今後も雨が長引くとさらに高騰する恐れもあると言います。

さらに…

記録的な不漁が続くサンマの初競りが、15日朝、北海道・釧路市で行われ、1kg4万円を超える過去最高値をつけた。

1 2