1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

そんな奴いるんだ…わざと煽られる「煽られ屋」が増えてるらしい

わざと煽られる煽られ屋が増加しているみたいなので注意が必要です。

更新日: 2020年07月15日

10 お気に入り 32438 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■法改正された「煽り運転」

2020年6月に、あおり運転の厳罰化を盛り込んだ「改正道路交通法」が衆院本会議で可決、成立し、同年6月末に施行

今後は、違反1回で免許取消処分となり、最長5年懲役刑や罰金など厳しい罰則が科されます

違反をした場合、罰則として3年以下の懲役または50万円以下の罰金、行政処分として違反点数25点で免許取消し(欠格期間2年)となる

■このように厳罰化されても、煽り運転のニュースは絶えない

車線変更に腹を立てて鎌で運転手を脅したとして、福岡県警筑紫野署は6月30日、暴力行為等処罰法違反の疑いで同県筑前町朝日、パート従業員の男(70)を逮捕

福岡県で、暴力団の組長があおり運転をしたとして逮捕されました。いきなり車の前に割り込み、被害者の運転手を脅したとされる事件の一部始終をドライブレコーダーが捉えていました

若い男性が単独で運転している場合に加害者になりやすく、多くの場合が一方的な思い込みによってあおり運転をしている

■このような煽り運転だが、最近は「煽られ屋」の存在も

“あおる意図”がなくても、先行車から「あおられた」と110番通報され、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性がゼロではない

わざと低速で走り嫌がらせをする、いわゆる「逆あおり運転」というものが最近は横行しています

彼らは追い越し車線をゆっくり走るなどして、自らがあおられる立場となり、その様子を動画に撮り共有サイトに投稿

■愉快犯も存在する

最近は、嫌がらせのためにわざとノロノロ運転を繰り返す車も話題になっており、「逆あおり運転」と呼ばれている

ドラレコ装着車が増えて交通マナーに厳しい監視の目が向けられるなか、一部には動画の投稿を目的にした"愉快犯"もいる

場合によっては、この車の後続車はあおり運転をけしかけられ、あおり運転されたなど濡れ衣を着させられる恐れもある

■ノロノロ運転は高速道路では違反になるが一般道では

高速道路や自動車専用道路以外の一般道では最低速度は設定されていない

※設定されている場合もあります

後続車がトラックやバス、ダンプカーでもお構いなく同様の行為をおこない、さらに、後続車が追い抜こうとするとクラクションを激しく鳴らして威嚇する

という場合も。

ちらほら見かけるようになったのが、新手の「逆あおり運転」なるもの。異常な低速で前方に立ちふさがり続けるスタイルの迷惑運転

■しかし、道交法違反で取り締まりの対象になることも

道交法第27条に「追いつかれた車両の義務」という規則があります。あまり聞いたことがないかもしれませんが、かなりユニークな規則

簡単にいうと、「後続車が追い付いてきたら左に寄せて進路を譲る」「追い越しの間、加速してはならない」という法令

重要なのは『制限速度で走っていても譲る義務がある』ということ! 上記の違反者は、反則点数1点と反則金の対象となる

1 2