1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●コロナ禍で懸念される「雇用事情」

●そんな中、企業の希望退職が加速しいてる?

民間の調査では、すでに去年1年間の件数を上回り、業績の悪化で人員削減に踏み切る動きも出ています。

・半年間で40社を超えるのは2010年以来

業種別では「アパレル・繊維関連」が6社で最も多く、「小売り」、「電気機器」、「自動車・造船関連」がそれぞれ4社となっています。

●ペッパーフードサービスは「いきなり!ステーキ」事業部門の希望退職募集を発表

ペッパーフードサービスは7月3日、主にいきなり!ステーキ事業部門に従事する従業員から200人の希望退職を募集すると発表

同日、ペッパーフードサービスは、いきなりステーキ!、ペッパーランチ両業態計114店の閉店を発表。

●「レオパレス21」では、約1000人の希望退職を募集

募集人数は単体社員約6000人のおよそ17%にあたる。35歳以上を対象に、募集期間は6月22日~7月31日。所定の金額に特別退職金を加算する。

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

会社がもし希望退職募りはじめたら名乗り出ようかな

希望退職募る体力がすでにないところもありそう

希望退職って、ただ会社にいるだけの中年社員を辞めさせるのが目的のはずだが、実際は優秀な若手が少し多めに退職金をもらって転職しているだけな気がする。 news.yahoo.co.jp/pickup/6366584

希望退職じゃなくて「クビ」の方が 失業保険は即効で貰える。 最後まで企業の体面は保っておきたい だから自己都合にしたいわけ。 昭和から全然変わっちゃいない

1 2