1. まとめトップ

過去には早弁試験で採用…ある経営者の『名刺の出し方』発言に様々な声

日本電産の永守重信会会長が「経営学部を出て名刺の出し方も知らない」と発言。過去には「早く弁当を食べられる人の方が仕事ができる」語った。

更新日: 2020年07月31日

2 お気に入り 2053 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

日本電産の永守会長が大学改革に乗り出している

永守は130億円の私財を投じて、大学の改革に乗り出している。その永守改革の現場こそ、京都先端科学大学。

永守氏が掲げる理念のひとつが「偏差値教育の打破」です。長年の企業経営の経験から、仕事のできる・できないと偏差値には明確な関係がないと永守氏は主張。

即戦力として活躍できる人材を育てることを狙いに、京都先端科学大に工学部を新設し、電気自動車やドローンなど新しい分野に対応したモーターの技術者の育成に力を入れていく計画。

永守会長が「経営学部を出て名刺の出し方も知らない」と発言した

永守重信会長は名経営者だが迷言もある人

日本電産の永守重信会長兼社長が、京都学園大学で行われた特別講演会で「早く弁当を食べられる人の方が仕事ができる」語ったという。

京都学園大学とは現在の京都先端科学大学のこと

無名であった同社に入社を希望する学生には、国公立や有名私立大学のエリート学生はほとんどおらず、「優がほとんどなく可ばかり」の学生や留年を繰り返してきた学生だけが採用試験を受けにきていたそうです。

「大声テスト」や「便所掃除」と次々に型破りな採用試験を実施して獲得した人材は「叱って、怒鳴って、ボロクソに言って、皆の前で恥をかくことによって闘争心や反発心を呼び起こす」方法で育て上げた。

永守著『奇跡の人材育成法』に書かれているようだ。

Twitterでは『名刺の出し方』発言で批判の声が出ている

名刺の出し方や税金のことを知らない新入職者が入ってくると大学批判してもね

そもそも学生が名刺の出し方を大学から教えてもらう必要あるの? 大学って就職予備校じゃないよね?

名刺の出し方って会社で教えることですよね。学生は経営学を学ぶのであって経営そのものはこういうあほな経営者になってはいけないんだなみたいなサンプルを実地で見て経験積んでから実践だと思うんですけど

「大学は名刺の出し方も教えてない!」という話がでてましたが、名刺の出し方も、電話の応対も、教えるべきは企業です。日本の企業家は、「人材が畑からとれる」と思ってるから困る。

カンブリア宮殿の永守さん。一定の共感は得られるけど、大学が出してくる人材は役に立たないって発言はどうなんだろう。大学は企業予備校ではないし、名刺の出し方なんて5分で覚えれる。企業側の欲しい人材を取れない人事にも責任はあるんじゃなかろうか。

名刺の渡し方も知らない大学生を社会に出すなんて…みたいなこと言ってる経営者全員大学がどんな場所か考え直してくれないかな学問を究める場所であって、社会の(どうでもいい)マナーを学ぶ場所ではないし、それを求めるなら就職予備校生だけ採用してください #就活 #大学生 #カンブリア宮殿

「大学で名刺の出し方も教えない」 トンチンカンな主張をする老害経営者が話題ですが。 そもそも大前提として、 ・大学は最高学府であって職業専門校ではない 名刺を使う職に就くか否か大学も学生にも不定であって、 ・貴重で高価な一コマを名刺に使う 事など、学問軽視も甚だしい話。

私が就活していたころ、どこかの企業の採用担当が「立命館の学生がいちいち名刺もってくるからめんどくさい。」と私に愚痴ってきた。なぜ学生の私に愚痴ってきたのかはいまだに謎ではあるが、普通の企業なら学生が名刺の渡し方など知らなくても大した問題ではないだろう。

一部の大学のキャリアセンターでは指導しているらしい

キャリアセンターとは大学性の就職をサポートするため部署。

僕も教わってる 名刺の渡し方がーとかのツイートとかもだけど 就活セミナーであの辺は教えてもらうものだと思ってた

名刺の出し方は経営学の一内容ではないでしょう。今は多くの大学が課外でそういうセミナーなどをしてはいるけれど。

1 2