1. まとめトップ

ザ・ルーツに長年在籍したMCラッパーのマリク・Bが死去。47歳

2020年7月29日、ザ・ルーツに長年在籍したMC/ラッパーのマリク・Bが亡くなった。グループは彼の死をローリングストーン誌に認めたが、死因などの詳細は明らかにしていない。享年47。

更新日: 2020年07月30日

1 お気に入り 953 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「私たちは沈んだ心で涙を浮かべながら、最愛のブラザーにしてザ・ルーツの長年のメンバーであるマリク・アブドゥル・バシートが亡くなったことをお知らせします」と、ザ・ルーツのクエストラヴとブラック・ソートは声明の中で述べている。

july701さん

ザ・ルーツ(The Roots)は、アメリカのヒップホップグループ。別名は、The Legendary Roots Crew、The Fifth Dynasty、The Square Roots、The Foundation。

ヒップホップ史上最も偉大なバンドと言われている。また、ヒップホップグループでは大変珍しいバンド形態で活動している。

伝説的な存在であるドラムのクエストラブとトップレベルのラップスキルを持つブラック・ソートを中心に結成されたこのバンドは、生音ヒップホップバンド代表と謳われている。

なお、名前の由来はアレックス・ヘイリー原作の小説『ルーツ』を基にした1977年制作のアメリカ合衆国のテレビドラマ(ミニシリーズ)から来ている。

Malik Abdul Basit (November 14, 1972 – July 29, 2020) was an American rapper and singer who was a founding member of The Roots.He appeared on the first four albums released by The Roots, before departing the group. He returned as a featured artist for some later albums. He released one EP, entitled Psychological, on emcee Haak Blast's publishing company Future Blast Publishing. He also released two studio albums, Street Assault (2005) and Unpredictable (2015) with Mr. Green.

On The Roots' seventh studio album, Game Theory, released in August 2006, Malik B returned to the group,[3] appearing on three tracks, including the title "Game Theory" (track 3, listed as 116 on North American releases), "In The Music" (track 5, listed as 118 on North American releases), and "Here I Come" (track 8, listed as 121 on North American releases). The nature of his relationship with the group was indicated by the fact that his tracks were billed as "featuring Malik B". In the liner notes, The Roots thanked Malik B, adding the statement: "Welcome Home". Malik B is also featured on two of the tracks on The Roots' 2008 album Rising Down, "I Can't Help It" and "Lost Desire".[citation needed]

Malik B was featured on MC Solaar's 1994 album Prose Combat in a duet with the French/Senegalese rapper.[citation needed]

Malik B's recent work includes a collaboration album with New York-based producer Mr. Greenand being a featured member of the Philadelphia rap collective Beard Gang which includes fellow Philadelphia artist Freeway.

Basit died on July 29, 2020 from undisclosed causes at the age of 47.

ザ・ルーツが結成されたフィラデルフィア生まれのマリク・バシートは、90年代初頭にミラーズビル大学在学中、(前進バンド)スクエア・ルーツのドラマー、クエストラブやMCのブラック・ソートと親交を深めたことをきっかけに活動を開始。

ザ・ルーツに改名した後、1993年に1stアルバム『Organix』をリリースし、続く1995年の『Do You Want More?!!!!!』でメジャーデビューを果たした。マリク・Bとブラック・ソートはほぼ全曲のヴァースでラッパーとしての役割を分担している。

マリク・Bはザ・ルーツを脱退する前に、1996年の『Illadelph Halflife』と1999年の『Things Fall Apart』にも参加している。彼の脱退後にリリースされた2002年の『Phrenology』に収録された「Water」でブラック・ソートは、彼とマリク・Bの音楽的な繋がりに加えて、脱退の原因となったドラッグ問題についても詳しく説明している。

マリク・Bはミレニアムの変わり目にザ・ルーツを脱退したが、ラッパーは2006年作『Game Theory』のタイトル曲や、2008年作『Rising Down』の「I Can’t Help It」「Lost Desire」などでゲスト出演を続けていた。

彼はソロとして2005年にミックステープ『Street Assault』、2015年にはプロデューサーのMr. Greenとのコラボレーションした『Unpredictable』をリリースしている。

1