1. まとめトップ

【台湾】台湾の元総統の李登輝氏が亡くなる【民主化の父】

謹んでご冥福をお祈りいたします。

更新日: 2020年08月11日

1 お気に入り 2162 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ciongardenさん

台湾 李登輝元総統が死去 台湾で初めての直接投票による総統選挙を実現させるなど民主化に尽力し、親日家として知られる李登輝元総統が、日本時間の30日午後8時すぎ、入院先の台北市内の病院で亡くなりました。97歳でした。 www3.nhk.or.jp/news/html/2020… #nhk_news #nhk_video pic.twitter.com/RxqhZ8CnEM

李登輝本身罹患多種疾病,今年2月喝牛奶嗆到,造成吸入性肺炎,已使用抗生素治療,但身體狀況確實不理想

李登輝本人は多くの病気に悩まされており、今年の2月に牛乳が原因で誤嚥性肺炎に。
すでに抗生物質を使った治療が行われたが病状は思わしくなかった。

李登輝曾接受多次心血管支架置放手術,至少裝有12根支架,包含心臟血管11支、椎動脈1支,在92歲裝椎動脈支架時,更創下世界最高齡椎動脈支架手術紀錄,並有糖尿病、大腸癌、白內障、肺結核病史。

李登輝氏は数多くの心血管系のステント留置術を受けており、心臓血管に11本、椎骨動脈に1本と、少なくとも12本のステントを使用しており、92歳で椎骨動脈にステントを留置したときには、椎骨動脈ステント留置術の世界最高齢の記録を樹立している。また糖尿病や大腸がん、白内障、結核などの病歴もあった。

1988年~2000年の総統として中華民国(台湾)の民主化、近代化を推進した国民党の政治家。蒋経国総統の死去にともない、副総統から昇格して、台湾生まれ(本省人)としての初めての総統となった。

台湾の同世代に顕著なことだが、中華民国政府の要人でありながら一番得意とされる言語は日本語と言われる。それについで台湾語、英語となり、一番苦手なのは北京語で、非常に台湾訛りが強い。

略歴

台北州淡水郡三芝庄(現在の新北市三芝区)埔坪村の「源興居」で李金龍と江錦の次男として生まれる。

彼は1923年、日本統治下の台湾で生まれ、日本の京都大学農学部で学び、戦後に国民党に入党

入党後は、蒋経国が行政院長に就任すると無任所大臣に当たる政務委員として入閣した。この時49歳であり、当時最年少での入閣であった。以降6年間、農業専門の行政院政務委員として活動

1996年、初めての総統直接選挙において54.0%の得票率で当選し、台湾史上初の民選総統として第9期総統に就任した。

在任中は、NIEsの一つに算えられるようになった台湾の経済発展に努め、中国との関係も現実路線を採ったため安定し、大きな実績を上げた。

SNS上の声

台湾の李登輝元総統がご逝去されました。 ご高齢故、度々のご体調不良を存じながらも、もう少しもう少しとお元気でいらっしゃることを願っておりました。 お疲れ様でした。衷心よりご冥福をお祈りいたします。

台湾 李登輝元総統が死去 2020年7月30日 台湾の民主化の父で日台友好を築いた人物の逝去に深く御冥福をお祈りします。news.yahoo.co.jp/pickup/6366980

初めて読んだ李登輝元総統の本は『台湾の主張』だったと思う。きわめて格調高い日本語で書かれていて、終わりまで読んでから李総統自ら書いたものだと知って二度驚いた。そもそも京都帝国大学に通っていたエリートなんだけど、それ以上に人間としての度量が際立って大きい人、っていう印象を受けたな。 twitter.com/nhk_news/statu…

台湾の歴史を変えた偉人。 今はただ、ご冥福をお祈りいたします。 李登輝元総統の理想がいつの日にか現実のものとなります様に。 twitter.com/nikkei/status/…

台湾は中共のコロナ渦を受けて劇的な転換期にある。偉大な李登輝元総統は何を想いながら逝かれたのだろう。合掌。 twitter.com/sankei_news/st…

当時日本人として戦争を戦い、日本人以上に日本人の魂をもつ唯一無二の存在。 李登輝元総統がいたからこそ、今の親日国家台湾の礎を築いを築いた。 心からご冥福をお祈りいたします。 台湾 李登輝元総統が死去 #Yahooニュース news.yahoo.co.jp/pickup/6366980

李登輝元総統、ご冥福をお祈り致します。一昨日ぐらいから様態が望ましくないという情報がちらほら流れてきていましたが、ただただ祈る思いでした。 学生時代に会話できたのが良い思い出です。存在感ありますが、とてもフラットな方ですよ。優しく鋭い。

台湾の話題だからなぜだろうと思ったら、李登輝さん亡くなったのか……。 台湾行く時に、司馬遼太郎の「街道をゆく 台湾編」を読んだものだけど思想の一端に触れられた。 元々は学者だというが、今の自由な台湾は李登輝元総統なくしては無かっただろう……

台湾の李登輝元総統が亡くなった。 日本国内の左翼や街宣右翼より、よっぽど日本のコトを案じ憂い、そして親しみを持って接してくれていた方でした。 ご冥福をお祈り申し上げます。

昨日より容体が危ないと言われていた李登輝元総統が死去されたそうだ。 聡明で立派な人だったですね。 こういう人物が国のトップになると国は繁栄するし、凡庸な人物がトップになると国は下降するし、アホな人物がトップになると国は滅ぶ。燕よ、聡明で立派な我々の首相は今どこにいるのだろう。

リンク

1