1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

19歳差の子持ち!小島瑠璃子の「キングダム熱愛」にネット驚愕

キングダム原作者の原泰久さんは既婚者じゃなかったの?こじるりの熱愛報道にざわつく。

更新日: 2020年08月01日

5 お気に入り 235155 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■過去に好きなタイプを明かしていた小島瑠璃子さん

小島瑠璃子(コジマ ルリコ) タレント。1993年12月23日生まれ、千葉県出身。

好きな男性のタイプにお笑いコンビ・インパルスの板倉俊之(42歳)の名前を挙げた

小島は「私、マジで板倉さん好きなの。超タイプなの。(好みのタイプが)板倉さんでわかったっしょ?」という

■その、こじるりがキングダム原作者と熱愛報道

買い出しを済ませた2人は、原氏の運転する車に乗って福岡市内にある彼のマンションに向かった。さらに翌日

縁結びの御利益があるという志賀海神社を参拝。その後は映画を鑑賞し、またしても原氏のマンションへ。2連泊ということになる。

・このキングダム熱愛報道にネットが反響!

エライザの次はこじるりかー また株下がるやん、いろいろ積み増してしまったげnews.yahoo.co.jp/pickup/6367058

あんまり芸能人の交際報道にふれるべきではないとわかっていますが まじか こじるり ビックリマン

キングダムの作者、既婚者じゃなかった?!情熱大陸見て感動してたのに、こじるりかよ~こじるりはこじるりで村上じゃなかったのかよ~

19歳上かぁ、、、 才能って、魅力的なんだろなぁ、、、 こじるり&原泰久氏 交際報道 2020年7月31日 news.yahoo.co.jp/pickup/6367058

■お相手の原さんは人気漫画「キングダム」の原作者

原 泰久(はら やすひさ、1975年6月9日 - )は、日本の漫画家。佐賀県三養基郡基山町出身。男性。血液型はA型

2006年『キングダム』(週刊ヤングジャンプ)連載開始。2013年第17回手塚治虫文化賞においてマンガ大賞を受賞

中国を舞台に、大将軍を目指す少年・信と、後に始皇帝となる秦王・政の活躍を史実とフィクションを織り交ぜて描く。

原さんは妻と3人の子どもがいることが、テレビ番組出演時に明らかになっています

・キングダムのファンで数年前に原さんと対面していた

ふしぎ発見で原泰久先生にお会い出来ました。。なんと贅沢な憧れのミステリーハンターをキングダムがテーマの回に出来るなんて。芸能界に入って良かった!働いていて良かった! 1500回記念シリーズ☆スペシャル対談!! ~第1弾~『世界ふしぎ発見!』【TBS】 youtu.be/bJK3gngyWSw @YouTubeより

もともと『キングダム』のファンで知られ、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「キングダム芸人」でも人気キャラクター・羌(キョウ)カイのコスプレを披露

小島がミステリーハンターとして中国を訪れ、『キングダム』の舞台を巡りながら古代中国史の秘密に迫るという企画で、2人の対談が実現した。

これを待ってたぜ!! 5月28日(木)アメトーーク【キングダム芸人】ケンコバ、サバンナ高橋、平成吉村、こじるり、ポテト少年団菊池 《よく知らない派》千秋、土田晃之、オードリー若林、狩野 pic.twitter.com/hnUK35ksJA

こじるりがミステリーハンターで良かったし、原先生の取材もあったし、キングダムファンにとって最高の番組だった! #世界不思議発見

@sunday5440 以前 アメトーークでは こじるりがコスプレしてましたね。原作にそっくりでしたよ。 でも 映画だとこじるりでは無いんでしょーね 笑

1 2