1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

イノッチが話した「中居正広」とのエピソードが泣けると話題に

イノッチが話した中居正広とのエピソードにネットからは泣けるという声が出ています。

更新日: 2020年08月04日

3 お気に入り 30041 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■中居正広

中居正広とは、ジャニーズ事務所所属グループ「SMAP」の元リーダー

男性アイドルグループSMAP全活動期のメンバー(1988年 - 2016年)[7][注 2]。神奈川県藤沢市出身[3]。芸能事務所のんびりなかい代表取締役社長

うたばんで10年以上に渡り共演した石橋貴明は司会業における師匠とも言っていい存在

■25歳という若さで「紅白の司会」という偉業を成し遂げた

1997年『第48回NHK紅白歌合戦』において白組司会に抜擢される。25歳での白組司会は番組最年少記録となった

紅白歌合戦は過去に6回司会を務めており、これはNHKアナウンサー以外では最多記録

これ以降司会の仕事が多く、当初は上手くいかずにジャニー喜多川に「YOU DIE!」とこきおろされつつもトーク技術を磨き、後に看板番組も複数持つ程上達している

■この中居正広氏とイノッチの関係は小学生の時から

マイケル・ジャクソンのライブでは、一番前で鑑賞していたという井ノ原。「マイケルの汗がかかった。クレーン使ってて、観客の上に来てさ

↓続く

まだ小学6年生で、事務所の序列を知らないため、無邪気に先輩の中居正広の膝の上に座ったり、香取とは『(小学校の)社会はどんなことやってるの?』と話していた

入所当時のエピソードです。

貴重な体験に大興奮だったそうで、「そのあと、どこに連れて行かれるのかな?って思ったら、“青山デニーズ”」と、当時の思い出を懐かしそうに語っていた

■そんな二人の「NHK紅白歌合戦」でのエピソードがある

NHK紅白歌合戦は4年ぶりに紅組が勝利。紅組司会の綾瀬はるかが感涙にむせぶ中、白組初司会を務めた井ノ原快彦

「中居くんは25歳の時に(司会を)やっている。どうしてたんだろう、すげえなと思って、話は聞いておきたいなと思っていたけどなかなか時間が取れなかった」

中居は驚くこともなく「あ、そうだお前さ、言っておきたいことがある」と普通に切り出したという。「本番は絶対、台本全部覚えておいたほうがいいぜ」と言われた

本番前のクリスマスに中居と街で会った時の会話です。

■そして本番中には…

本番当日も中居は井ノ原を気遣い「MCがはけたときに、中居君が来るんですよ。『お前もうちょっとさ、バラードのとき余韻出し方がいいんじゃない』とかアドバイスしてくれる

そして、終盤に差し掛かるなかで、「『お前、あとちょっとだよ、最高だよ』って言いに来てくれた」と中居からエールが

不安な井ノ原に随時助言。「もう少しで終了ってときには『あとちょっとだよ、最高だよ!』って。凄くやる気が出て、凄く支えてもらった」と感謝の気持ちを口に

■このエピソードにネットからは

中居くん、ステキ。。。♥️ それを話すイノッチもステキ いい話(*^^*) イノッチ、中居正広の男前エピソード告白 大舞台での気遣いに「凄く支えてもらった」(スポニチアネックス) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200804-…

#しゃべくり007 イノッチの紅白司会が2015年って分かって泣く。 SMAPが追い詰められてたあの時期にアドバイスとかどんだけ器がデカいんだよ。 中居くん 今思うと年明けにあんな事が起きるなんて想像もつかなかった。

ほらね、紅白の司会は全部台本を覚えるんだよ。 NHK勤務の友人に1度だけ台本の写真を見せてもらったけど、 厚みは辞書よ辞書!!!!! でも、イノッチも中居くんに言われて覚えたって。 「カンペ出してるのも人だから、何かあっても対応出来るように。」 さすがだよ、中居くん。→

1 2