1. まとめトップ
3 お気に入り 23547 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Cocochanさん

1985年8月12日に発生した日本航空123便墜落事故

日本航空123便墜落事故は、1985年8月12日に
日本航空のボーイング747型機が
群馬県多野郡上野村の山中に墜落した航空事故

乗客乗員524人のうち死亡者数は520人、生存者は4人。
夕方のラッシュ時とお盆の帰省ラッシュが
重なったことなどにより、著名人を含む
多くの犠牲者を出し、社会全体に大きな衝撃を与えた。

羽田 - 伊丹線往路「JAL123便 (JL123)」という便名は、
1985年(昭和60年)9月1日のダイヤ以降に欠番となった

8月6日 深夜の成田空港にJL123便が現れる事案が発生

数十分後にJL123便が消滅

JL123便 過去にも成田に出現

▼JL123の出現にネットがざわつく

飛行履歴みたらJL123便という便名でNRT→NRTという行程で39分飛行(?)した記録が出てきた pic.twitter.com/dZ1EjwSWHA

↑のツイートをしようとしたら一度失敗した…怪奇現象なのかバグなのか… JL123と表記のある履歴を動画で…ほぼ動いていないのに高度だけ上がってる… 間も無くJL123墜落事故の日付だから何かのメッセージなのかな…? pic.twitter.com/l4Xmy9pOFW

JL123ってまた... JAL123便、見えたのは自分だけじゃゃないよね。みんな見えてるよね pic.twitter.com/G9ZKkRLQvo

JL123便は永久欠番の筈。 35年前に御巣鷹の峰に激突し航空事故起こした便名だし。 なんなんだ?。 pic.twitter.com/GmScMdXypp

何故このタイミングでJL123が... お盆だからか? にしても不穏過ぎる

1 2