1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

子どもが愛しくなる...子育てに役立つと話題のおすすめ本5選

子育てに関わる方々におすすめの本をまとめました♡

更新日: 2020年09月08日

63 お気に入り 33101 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

amasayaさん

●『子育てベスト100』加藤紀子

お勧めの本 「子育てベスト100」 エビデンスに基づいた100の方法が具体的な手立てとして載っています。保護者向けの一冊ではあるのですが、汎用的なデータに基づいて書かれているので教室でも転用可能な実践が多く書かれています。一般向けの利点として、専門的でありながら読みやすくなっています。 pic.twitter.com/COSzf9OuVD

図書館で借りてきた「子育てベスト100」、まだ前半だけど結構面白い。書いてある事が具体的だし実践しやすそう。3歳〜中学生を想定しているらしいけど、もう少し色々わかってきたらこんな事やりたいな〜と夢がふくらむ「家族会議をする」とかやりたい!進行役を子供にやってもらうのも楽しそう!! pic.twitter.com/tSulRchH1k

#子育てベスト100 本屋さんで手に取ってみて即購入! 子育て本である上に、自分や大切な人が〝心地よく過ごす〟〝ありのままに楽しく過ごす〟ヒントがたくさん詰まった全ての人への生き方本だと感じました✨  聞く力、叱り方、創造力…どの世代にも大切なこと✨ まずは自分から実践しますー!☺️ pic.twitter.com/rcbMaLun0F

「頭が柔らかい子」  の親がしている4大習慣 安心して発言できる場所をつくる たくさんの答えがある体験をさせる さまざまな人の生き方を教える 親も常識をアップデートする 『子育てベスト100──「最先端の新常識×子どもに一番大事なこと」が1冊で全部丸わかり 』抜粋 ダイアモンドオンライン

「ピグマリオン効果」 教師が「君ならやればできるよ」と言うと実際に学習者の成績が伸びること。 #子育てベスト100 #読書 #指導者 →ポジティブな声掛けを意識する。ただ、〝効果的〟な褒め方をする。 ①すぐにほめる ②能力より努力をほめる ③過去と現在をくらべる

● Tokyo Topics Tag ● #BlueOcean #TOKYOFM 今日は、親御さんの悩みに答えてくれる話題の1冊 「子育てベスト100」をご紹介! 著者の加藤紀子さんが最新の子育て研究やデータを総動員してまとめたこの本ですが、 子育て以外のコミュニケーションのヒントにもなりそう❣️

ハンドブックのようにどこから読んでも構わないという仕立てで、幼年期から受験期まで長きにわたる子育てのポイントをテーマ別に分析、整理し、全編簡潔なことばで具体的な実践法を提案しており、役に立つ。

本書で紹介する「100のメソッド」では、専門家が研究してきたエビデンスベーストな情報と、子どもにとって本当にためになること、大切なことだけを厳選しています。

100の「してあげたいこと」を実践するにあたっては、さらに詳細な「421の具体策」も提示し、理屈だけでなく、実際に何をどうしてあげればいいのかということまで丁寧に落とし込んでいる。

●『子育てはだいたいで大丈夫』森戸やすみ

大好きな小児科医の森戸やすみ先生の『子育てはだいたいで大丈夫』読みました!専門家の立場から「お母さんはいろんなことを心配して当然だけど、そんなに心配しなくて大丈夫だよ」と解説してくれて、子育てママさん達はめちゃめちゃ安心できると思います周りに激推ししております pic.twitter.com/dqae79SH9k

森戸やすみ先生の最新刊『子育てはだいたいで大丈夫』(内外出版)。ネットの子育て情報って嘘が多いし、親御さんを脅して不安にさせるものだらけ。森戸先生が科学的根拠に基づいた情報を紹介し、そんなに大変な思いをしなくていいんだよと伝えてくれる優しい本です。ありがとうございます。 pic.twitter.com/RLbqk9ePxk

森戸やすみ先生の新刊「小児科医ママが今伝えたいこと!子育てはだいたいで大丈夫」拝読しました!目次から心強い言葉のオンパレードですが、毎日の悩みである食事について引用を。そう、親はみんな一通り試して相談してる…!食べない子は食べない! pic.twitter.com/g8vzKEE9Nz

森戸やすみさん @jasminjoy の新刊、子育てはだいたいで大丈夫 これ特に初めて子育てする人たちのバイブルになりそう。中でもよくある子育てのデマがまとまっているの大事すぎる pic.twitter.com/cQcuaFiSk2

小児科医 森戸やすみ先生の『子育てはだいたいで大丈夫』読んだ。力のぬきどころと押さえるべきところがわかってありがたい本。個人的にはこのタイミング(日本で初子育て)で、病院の選び方やかかりかたの解説が即参考になった!かかりつけ医決めました

育児に悩むママやパパへ向けたこの本では、これまで信じられてきた育児神話の“本当のところ”や、とくにママがつらく感じる原因、自分らしくラクになれる子育てのヒントなどが、小児科医の視点でわかりやすく解説されています。

世間が勝手に押し付けてくる「子育ての常識」に疑問を呈し、多くのママが抱えがちな育児の悩みに丁寧に答え、困った時に頼るべき相手もアドバイス。

子供を持つ親に、育児を思い詰めすぎずに楽しんでやっていけるよう、日々の世話や心配事に対してのだいたいの基準を提示してくれる本。

●『子どもの心のコーチング』菅原裕子

この本、とてもおすすめ! 子育て中のママは一読してほしい pic.twitter.com/TJFQjf4inL

子どもの心のコーチング 読了 育児本、コーチング関係では今まで読んできた中で五指に入る名著。 「保護者」から「親」へと脱皮が必要な父母は沢山いる。 折り目と書き込みが止まらなかった。 pic.twitter.com/xOCSbICM0L

『子どもの心のコーチング』 親は「今」に焦点を当てがちだが、一時の安心と秩序に焦点を当てすぎると、子どもから自主性を奪う。ヘルプじゃなくてサポートをする。子どもの話を聞くのは基本。仕事を子育ての言い訳にしない。そんな心を保つメゾットが記述されている。 #読書記録 pic.twitter.com/wpyeQ0TSOO

昔読んだ本の中に紹介されていたお話『ひびわれ壺』。感動で涙が出ました。 同時に、自分の他人に対する見方や自分自身のマネジメントについて考えさせられました。 子どもだけでなく、人材育成にも通じる話です。興味があったら是非。 菅原裕子著『子どもの心のコーチング』PHP文庫 pic.twitter.com/kLPusfi0br

凄く心に響く言葉があった。 我が子には人と一緒に幸せに生きていく為の在り方を教えてあげたい。 菅原裕子 「子どもの心のコーチング」 pic.twitter.com/bG33x6qdju

人が生きていく上で一番重要なものは『自己肯定感』、自己肯定感と間違えやすいものは『傲慢さ』 自己肯定感を生み出すのはありのままの自分への『愛』、傲慢さを生み出すのは愛されていないかもしれないという『怖れ』 by 菅原裕子『子どもの心のコーチング』

【読書記録】 ✅子どもの心のコーチング 著 菅原裕子 子供に対して、どういう風に接してる? 反射的に「叱って」ない? 自分のことばかり優先して、子供の「声」を聞いてる? っていう問題提起がなされ、 「あー、全然子供の声聞いてなかったなー」と 思わされる本。 #コーチング #菅原裕子

問題点を引き出し、自ら解決させ成長を促すコーチング。その手法を「子育て」に応用し、未来志向の子どもを育てる、魔法の問い掛け術。

いろいろな育児の本を読みましたが、ここまで具体的で、心に刺さる本はなかなかないと思います。あとがきの部分まで、読んだときに本当に涙がこぼれました。育児に悩む人に、お勧めします。

自分の親としての対応がこれで良いのか悪いのか試行錯誤の日々だが、この本を読み、「こうしたらよかったのか」「これで大丈夫だったのか」と、多くのことを学ばせてもらった。

1 2