1. まとめトップ

性犯罪は原作者…アクタージュ作画、宇佐崎しろ先生への風評被害に落胆の声

週刊少年ジャンプの漫画『アクタージュ act-age』が原作者マツキタツヤの性犯罪逮捕のため連載終了。ネットでは、『アクタージュ act-age』作画担当の漫画家・宇佐崎しろ先生への風評被害に落胆の声など、色々な声が呟かれている。

更新日: 2020年08月11日

2 お気に入り 31119 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

●週刊少年ジャンプ連載漫画『アクタージュ act-age』

『アクタージュ act-age』は、原作:マツキタツヤ、漫画:宇佐崎しろによる日本の漫画

●作画担当の宇佐崎しろ先生

宇佐崎 しろ(うさざき しろ、1997年12月27日 - )は、日本の漫画家

『阿佐ヶ谷』は『週刊少年ジャンプ』2017年9号に掲載され、デビューを果たす

●2022年に『アクタージュ』の実写舞台化も決まっていた

話題の役者漫画『アクタージュ act-age』。その中で描かれた人気エピソード「銀河鉄道の夜」を中心に実績豊かな劇作家・演出家である松井周の手によって、2022年に現実の舞台として上演

●『アクタージュ』原作者・マツキタツヤが性犯罪で逮捕

警視庁中野署は8日、東京都中野区野方1、自称漫画原作者、松木達哉容疑者(29)を強制わいせつ容疑で逮捕

調べに対し「おおむね間違いありません」などと供述し、容疑を認めている

●週刊少年ジャンプ編集部が『アクタージュ』の連載打ち切りを発表

『週刊少年ジャンプ』編集部が、漫画『アクタージュ act-age』について8月11日発売の「週刊少年ジャンプ36・37合併号」の掲載をもって連載を終了すると発表

●作画担当の宇佐崎しろ先生は「断腸の思い」とのこと

編集部はもとより、宇佐崎先生は断腸の思いをなさっていますが、先生をサポートし、また作品を作っていけるよう励んでまいります

●不祥事による『週刊少年ジャンプ』打ち切りは18年ぶり

2002年に淫行容疑で逮捕された島袋光年の『世紀末リーダー伝たけし!』以来の不祥事による打ち切り

2002年8月に作者である島袋が女子高生との援助交際により逮捕されたことを理由に連載は打ち切られ、同年9月発売予定であった最新刊も発売中止となり、既刊の単行本全巻も絶版となった

1 2