1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『私の家政夫ナギサさん』だけじゃない!「松本若菜」出演作品

『私の家政夫ナギサさん』に出演の「松本若菜」の映画・ドラマ7作品。『仮面ライダー電王』、『コウノドリ』、大河ドラマ『麒麟がくる』、『腐女子彼女。』、『ペコロスの母に会いに行く』、『愚行録』、『his』。

更新日: 2020年09月05日

1 お気に入り 17221 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

【ドラマ】

◆『仮面ライダー電王』(2007)

特撮ドラマ「平成仮面ライダーシリーズ」としては第8作目。何をやってもうまくいかない、不幸続きの青年・野上良太郎が、あるパスを拾ったことから時を守るヒーローとして活躍するストーリー。過去に侵入して未来を変えようと企むイマジンとバトルを繰り広げる。

電王、佐藤健もクッソかっこいいんだけど、姉の愛理さん役の松本若菜さんの笑顔も最高だ リュウタロスが甘えたくなるのもわかる

佐藤健、中村優一、白鳥百合子、松本若菜、秋山莉奈が共演した仮面ライダー電王は本当に名作だったと思う…(涙)

コハナまで引退した今となってはもはや新作電王は佐藤健復活しかないだろ。 RT @haniuda0508: 佐藤健、中村優一、白鳥百合子、松本若菜、秋山莉奈が共演した仮面ライダー電王は本当に名作だったと思う…(涙)

◆『コウノドリ 第2シリーズ』(2017)

鈴ノ木ユウの人気医療漫画原作、綾野剛主演によるヒューマンドラマ第2シーズン。産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ、研修医から専門医となった下屋や白川たちの成長、心の揺れや葛藤を描く。

コウノドリで一番いそうな先生は、松本若菜演じる倉崎先生

あとさ、今日のお気に入りはやっぱり、若かりしころの倉崎先生と、サクラ先生、しのりんの3ショットでしょ(笑)松本若菜ちゃんは、私の中ではやっぱり電王の愛理さんなんだけど、こんなカッコイイ役も似合うなーって。 #コウノドリ

上手すぎる、巧すぎる。本当に上手い。痺れるほど上手い。 #吉田羊 #松岡茉優 #松本若菜 この世界観は演技力が無いと絶対に出来ない。 凄いぞ #コウノドリ

◆大河ドラマ『麒麟がくる』(2020)

若きころ下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀。謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命の行く末を描く。

於大の方 役の松本若菜さん、素晴らしい演技に引き込まれました。 #麒麟がくる

誇張した「動」の演技で物語を盛り上げるキャストが多い中、於大の方を演じる松本若菜さんは抑えた「静」の演技。それでも家康を想う母の涙が強く印象に残った。しかも美しい… #麒麟がくる #仮面ライダー電王 pic.twitter.com/UOkVKsexrG

「母は母じゃ!」自分の元の夫を殺した男から母親の情を説かれる修羅。様々な感情を押し殺し、時折溢れさせての演技は素晴らしかった。心揺さぶられました! 松本若菜さんは名優! #麒麟がくる #松本若菜 pic.twitter.com/MBZ2R54INX

【映画】

◆『腐女子彼女。』(2009)

"累計アクセス数1,100万を突破した人気ブログを大東俊介ほか、注目の若手俳優共演で描いたラブコメディ。純朴な大学生・ヒナタは、バイト先の社員・ヨリコと付き合うことになる。しかし、彼女はボーイズラブをこよなく愛するオタクの女の子だった。"

因みに私がスワロウテイルを知るきっかけになったのが「腐女子彼女」って映画なんだけど、ちょこっと福山潤さんと日野聡さんが出てて、主演の大東俊介さんと松本若菜さんがめちゃくちゃ爽やかで個人的オススメ映画なので是非……

腐女子彼女:この物語は腐女子を彼女に持った男の奮闘物語である。←と冒頭から始まり、いろいろな至難を越えて行く映画です。最初はどうかと思ってたけど観終わる頃には予想外に観入っていた自分がいました笑、あと、松本若菜綺麗だったwww♡ pic.twitter.com/X270i1CZtM

今さらだけど映画の『腐女子彼女。』はなかなかの名作だと思う。 全国公開してなかったのが不思議…でもないか(笑) 超新人の頃の大東駿介くんと電王が終わったばかりの愛理お姉ちゃん役の松本若菜さんが主演だったからね。マイナー作品と言われても仕方ないけど、ストーリーとしては絶品だと思う

◆『ペコロスの母に会いに行く』(2013)

赤木春恵の世界最高齢初主演映画となったヒューマンドラマ。長崎を舞台に、認知症の母親とその息子との笑いと涙に溢れた日々の触れ合いを描く。ペコロスのようなハゲ頭のゆういちは、夫の死を機に認知症を発症し始めた母・みつえの面倒を見ていたが…。

映画『ペコロスの母に会いに行く』が2013年キネマ旬報 日本映画ベスト・テン第1位に!この俺が二日連続で観に行って、号泣したほどの名作だ(^人^) 特撮者としては長澤奈央さん、松本若菜さんが出演しているのも見逃せない。 kinenote.com/main/kinejun_b…

1 2