1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

結婚報告サービスも。コロナ禍で変わったお盆休みの過ごし方

今年のお盆休みはコロナによって様変わりしているようです。

更新日: 2020年08月11日

7 お気に入り 84946 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■コロナ禍でのお盆休みがスタートした

お盆休みの帰省シーズンに突入した8日、新幹線や空の便、高速道路など混雑はなく静かなスタートとなった

今年のお盆休みは最長で9連休になりますが、新型コロナウイルスの影響で富士山周辺など行楽地は例年とは様変わりしています

いつもならこの時期、満席となる新幹線も空席が目立ち、この日の自由席の乗車率は最大でも50%にとどまりました

■例年と比べ様変わりしている。「PCR検査をしてから帰省」という人も

どうしても帰らざるを得ない事情がある人も少なくない。そうした人たちが救いを求めているのが、民間診療所が行っている一般向けのPCR検査

一般向けのPCR検査は、保健所や指定医が行う行政検査と異なり、無症状や感染者との濃厚接触の疑いがない人でも受けられる。抗原検査よりも精度は高いが、保険適用ではないため1回2~4万円程度の費用がかかる

古殿町と平田村はお盆に帰省する学生などが希望すればPCR検査を無料で受けられる取組みを始めた

福島県の取り組みです。

■このPCR検査はネットでも話題に

帰省するために何度もPCR検査を受けている人がいるようだけど、大切な人の命を守るためとは言えども、お財布へのダメージを考えると泣けてくるな…(´⚲_⚲`)

PCR検査をうけてから帰省する人がいるけど、陰性とわかってからの移動でかかるリスクはどうなのかしら… もし、電車でとなりに座った人が感染してたら感染しないかしら(´・ω・`)

@sora_5HINee ガラガラだと思ってましたね。自粛してる人が、少ないのかな!? 帰省する為に、自費でPCR検査受ける人が多いって……でも、私は陰性です!って首から下げてる訳じゃないしね…実家から出なきゃいいけど

■次に、お墓参りは「代行」

新型コロナウイルスの感染拡大でお盆の帰省を控える動きが広がる中、鳥取県では、墓の掃除やお参りを代行するサービスへの依頼が相次いでいます

大規模霊園に隣接して営業しているような石材店の多くでは、基本的にお墓参りの代行サービスもやっていたりするので電話で問い合わせしたい

■同じく「代理法要」も増加している

新型コロナウイルス。じつは日常生活のみならず、お葬式や法要といった「お見送りの場」にも影響が出ています

『スマート葬儀』™を導入することにより非対面型ビジネスモデルの構築が可能となり、葬儀規模の縮小、参列者減による売上減少の悩みを解決

■「花で帰省する」というサービスも

8月の夏休みやお盆休みに、帰省できないいかわりに花を贈ることで日頃の感謝を伝える新提案

普段なかなかしないテレビ電話をする。普段は照れくさいメッセージを伝えてみる。離れた家族とつながるきっかけに花を利用

1 2