1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●少年ジャンプ漫画の原作者が10代女性にわいせつ行為で逮捕された事件

週刊少年ジャンプに連載している人気漫画の原作者の松木達哉容疑者(29)が、

●逮捕に至った経緯

発表によると、松木容疑者は6月18日午後8時頃、中野区の路上で、徒歩で帰宅中だった女子中学生の胸を、

・容疑者は「おおむね間違いありません」などと供述しているという

警視庁によりますと、調べに対し「おおむね間違いありません」などと供述し、

●「週刊少年ジャンプ」編集部は、Twitterなどでコメントを発表

「週刊少年ジャンプ」編集部は8日、同誌で連載中の「アクタージュ act-age」原作者・マツキタツヤこと松木達哉容疑者(29)が、

女子中学生にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いで警視庁中野署に逮捕されたという報道を受けて、コメントを発表

●事件を受け『アクタージュ act-age』連載終了を発表

社会的責任の大きさを深刻に受け止め 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表 nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/20… @itm_nlab pic.twitter.com/81JzRwv7Ho

・「編集部ではこの事態を非常に重く受けとめ」などと理由を説明

同誌の公式サイトでは「去る8月8日、『アクタージュ act-age』の原作担当であるマツキタツヤ氏が逮捕されました。

編集部ではこの事態を非常に重く受けとめて、事実確認のうえ、作画担当の宇佐崎しろ先生と話し合いを持ちました。

その結果、『アクタージュ act-age』の連載をこのまま継続することはできないと判断いたしました」として「8月11日(火)発売の「週刊少年ジャンプ36・37合併号」の掲載をもって、連載終了といたします」と発表

●そんな中、ホリプロは、舞台『アクタージュ act-age ~銀河鉄道の夜~』上演中止を発表

ホリプロは11日、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載していた役者漫画『アクタージュ act-age』(作画:宇佐崎しろ)の原作者・マツキタツヤ氏が強制わいせつ容疑で逮捕された報道を受け、

2022年に開催を予定していた舞台『アクタージュ act-age ~銀河鉄道の夜~』の上演、ならびに現在進行中のヒロイン「夜凪景」役オーディションの中止を決定したと、公式サイトで発表

・公式サイトは「このような形で終えてしまう事は残念でなりません」などとコメント

1 2