1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ブラッシングで頭髪が抜けた…コロナ回復後の様々な症状がこわい

新型コロナウイルスからの回復後も、倦怠感や記憶障害など様々な症状が出ている。アメリカの女優アリッサ・ミラノは毛は抜けやすくなったツイートしている。

更新日: 2020年08月12日

5 お気に入り 32152 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

日本で新型コロナウイルスの感染者が5万人を突破した

人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、8月11日時点で171人となっています。

7月上旬に2万人、同下旬に3万人を超え、8月3日に4万人を超えていた。わずか1週間で感染者が約1万人増えたことになり、増加ペースが加速した。

ただし死亡者は相変わらず多くない

日本は欧米よりも死亡率が低い。

国内の入院患者の死亡率は7.5%で、20%台の欧米などと比べ非常に低いことが国立国際医療研究センターの大規模調査で分かった。

2月から現在までの5カ月余りの間に日本で新型コロナにより亡くなった人は1000人に及ばず、例年のインフルエンザ死亡の3分の1にとどまる。

しかしコロナ回復後も様々な症状が出ている…注意が必要だ

軽症者でも後遺症に苦しむという記事が増えている。

新型コロナウイルスに感染した21歳の男子大学生は、陰性になったあとも2か月近くにわたって発熱や息苦しさなどの症状が続き通っていた大学の休学を余儀なくされています。

陰性になって退院したあとも、数か月にわたって発熱やけん怠感が続いたり、呼吸機能や運動能力の低下で、日常生活に支障が出たりする人が多くいる。

非常に強い感染を引き起こした時に、いろんな神経系や血管など合併症を引き起こすと言われていますから、そういうダメージが残っている可能性もあります。

回復後に記憶を失っていた人もいる

最近は、新型コロナが物忘れを進行させるとの指摘があり、高齢の患者は後遺症として認知症が進み、中年層でも認知障害が進行する怖れがあります。

山梨県の20代の男性は、3月に新型コロナウイルスに感染した後に髄膜炎を発症、一時意識障害もあったが、回復し退院した。だが、この1~2年間の記憶を失っていることが判明した。

海外でも後遺症の研究報告が出ている

イタリアで新型コロナ感染症の後遺症に関する報告が出ました。それによると、回復後(発症から平均2か月後)も87.4%の患者が何らかの症状を訴えている。

英マンチェスター大学の聴覚学の専門家は8月2日までに、新型コロナウイルス感染症の後遺症として、聴力の悪化や耳鳴りが長期間続くことがあるという研究結果を公表した。

英ケンブリッジ大学で神経科学を研究するエド・ブルモア教授は、英インディペンデント紙の取材に、新型コロナの患者には精神病の「気分障害」と「認知障害」が多くみられると主張した。

米国女優が告白…コロナ感染後に毛が抜けやすくなった

アメリカの女優アリッサ・ミラノがコロナウイルスに感染していた。後遺症に悩んでいる。

アリッサ・ミラノはインスタグラムで今年3月、新型コロナウイルス感染症の症状が出ていたことを明かしている。

その後も4カ月間、後遺症に悩まされた。めまいや動悸、息苦しさ、記憶障害などが続いた。

動画の中でミラノさんは濡れた髪にブラシをかけ、大量の頭髪が抜ける様子を説明。「一度のブラッシングでこれだけの髪が抜ける。新型コロナのせい」としたうえで、マスクを着用して感染抑止に取り組むよう呼び掛けた。

I was acutely sick w/ Covid19 in April. I still have many symptoms. I am what they call a “long hauler”. Last night, I had real heaviness in my chest. I went to the ER just to make sure it wasn’t a blood clot. Thankfully, it wasn’t. This virus sucks. Please take it seriously. pic.twitter.com/JcMkVSNn4y

1 2