1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

senegirlsさん

新型コロナの感染が拡大する中

長雨や気温が低かった影響があったものの、在宅需要にマッチした商品などの販売が好調だったことにより、7月の既存店売上高は増収

一方、ユニクロを脅かす…

へたをすれば将来的にユニクロやZOZOにとって脅威の存在になっていってもおかしくはない存在といえる。

若者を中心に顧客基盤を拡大

ワークマンの作業着をアウトドアやスポーツウエアとして使っている人たちのSNSやブログがある

最近では…

「グッチ」や「サンローラン」のジャケットをお手頃と感じる人もいれば、「ユニクロ」のブルゾンが高すぎて手が出ない人もいる。

もはや「ユニクロ」価格(SCブランド級)より上にはマスマーケットはなくなり、アパレル業界の覇権争いは「ワークマン」価格(HCブランド級)に移っている。

可処分所得が少ない若い世代

働き盛りの年齢にもかかわらず、今私たちミレニアル世代がもらっているお給料が少ないというのは、表にはでないですが大きな問題

一方でネットショップなどでは、もっと安い値段で同じようなものを買うことができたりもするとなると、だったらネットで買った方が良いという思考回路に簡単に切り替わる人も多いのです。

一方、ワークマンの売上は好調

リアル店舗のアパレル小売業が業績を悪化させる中、好調ぶりが際立っている。

郊外が中心のワークマンは建設・土木作業者の必需品を扱っているため、時短でも営業を継続する店舗が多かった。

1 2