1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

これは辛い…。内定取り消しが「去年の5倍」にもなってるらしい

内定取り消しが去年の5倍になっているという報道が入ってきています。

更新日: 2020年09月15日

6 お気に入り 25205 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■内定

就職活動において内定(ないてい)は、解約権留保付労働契約と呼ばれる一種の労働契約のこと

「労働契約の成立」「役職への就任」などに関して、それらを公に発表する前段階でありながら、採用や昇進が内々で決まること

求職者が雇用契約の申し込みを行い、採用企業が求職者に対して内定通知を行い、求職者が内定に承諾した場合に成立

■この内定。例年とは違う傾向が

2021年4月に新入社員になる大学生の4人に1人が、2社以上の内定を承諾しようと考えていることが、アンケート調査で分かった

内定取り消しが怖いので、複数の企業と内定を取り付けているという現状があります。

外出自粛に伴う就職活動スケジュールの遅れや、業績悪化で採用を縮小したり中止したりする企業が出た影響で、5月以降の内定率は前年より低い状態が続く

就職情報大手ディスコによると、8月1日時点の内定率は83.7%と、前年同期の88.2%を4.5ポイント下回る

■内定の取り消しが相次いでいる

新型コロナウイルスの影響による解雇や雇い止めに齒止めがかからない。厚労省は6月5日、コロナ関連での解雇が2万人を超えたことを発表

アパレル大手「イッセイミヤケ」が2021年入社予定の学生の内定を取り消したとして、インターネットでは複数の報告がなされている。同社は7月17日、取材に対して内定取り消し通知を「事実」と認めた

■内定取り消しの数は去年の5倍に

厚生労働省は15日、2020年春卒業の大学生や高校生への採用内定取り消しが、8月末時点で76事業所、174人だったと発表

19年春卒を対象とした調査の約5倍で、新型コロナウイルス感染症拡大が大きく影響した

映画館や美容室など生活関連のサービス業や娯楽業、宿泊・飲食サービス業での内定取り消しが目立っています

■これは辛い…

地域別でみると、東京と埼玉、千葉、神奈川の「南関東」が61人と最も多く、次いで「九州」が10人などとなっています

業種別では「生活関連サービス・娯楽業」が40人、「宿泊・飲食サービス業」が18人などとなっています

また、入社時期が繰り下げとなった学生は1210人に上りました。感染拡大による企業への影響は春先から拡大していて、厚労省は来年卒業予定の学生により影響が出る可能性が高いとみています

■ネット上には不安が広がっている

内定取り消しの新卒者が例年の5倍って記事みたけど。 この時期になって内定取り消しされたら、さすがにどんな強靭なメンタルしててもキツいと思う

内定取り消しが前年の5倍だって... 期待させられた分、落とされるのって考えただけで胸がぎゅんってなる。。 就職浪人の割合とかも増えたりするんかなー、、 career-theory.net/syurou-nnt-120… #内定取り消し

まずは今いる社員を守らなきゃいけないっていう経営者の気持ちが分かるから一概に責められないけど、学生さんは可哀想よなあ 非正規だと詰むっていう社会のあり方が問題だと思うわ 内定取り消し174人 昨年の5倍 #Yahooニュース news.yahoo.co.jp/pickup/6371176

1 2