1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ツッコミながら楽しめる新ホラー!『恐怖新聞』が好評な件

8月末からスタートした白石聖主演のドラマ『恐怖新聞』。映画『リング』の中田秀夫監督が演出を担当し、怖いシーン連発だが、ツッコミどころも満載の新感覚ホラーとなっている。

更新日: 2020年09月26日

5 お気に入り 25978 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆8月末からスタートしたホラードラマ『恐怖新聞』

【怖いテレビ情報】 9/5(土) 23:40 - 24:35 #フジテレビ 『恐怖新聞 第2話』が放送予定です。 地上波で本格的な連続ホラードラマの放送は嬉しいですね! しっかり怖いので、ぜひチェックしてください! 公式URL:tokai-tv.com/io/kyoufushinb… 公式Twitter:@tokaitv_dodra #恐怖 #ホラー #恐怖新聞 pic.twitter.com/27q6xY3zsz

本作は、未来に起こる災厄を予言し、読むたびに寿命が100日縮むという恐怖新聞が届くようになった女子大生の、死と隣り合わせの悪夢を描く新感覚ルール系ホラーだ。

◆70年代にオカルトブームを起こした同名漫画を中田監督がドラマ化

原作は’70年代オカルトブームの火付け役となった、つのだじろうの漫画『恐怖新聞』。

シリーズ構成は、人気ミステリー作家の乙一氏が担当。乙一氏は監督作『シライサン』(2020年)では、都市伝説や呪いといったホラー要素に対して心理学的なアプローチをみせました。

◆初回から怒涛の展開で、ツイッタートレンド入り

放送まであと3日 【ここがスゴイよ恐怖新聞⑥】 主人公・詩弦(しづる)を演じる #白石聖 さん✨ 98年生まれの”奇跡の世代”の中で、 演技力No.1の呼び声高し! リハ、本番、別テイクと、 フレームごとに涙のタイミングまで 自在に変える『フレームの女神』と称賛 初回も美しい涙出てます pic.twitter.com/W7UyEsagpH

一人暮らしを始めた小野田詩弦(白石聖)。初日の深夜零時に玄関の扉を乱打され、新聞受けに入れられた「恐怖新聞」。そこには数日後、若い女が墜落死するという記事が……。

◆中田監督らしい恐怖シーンの連続

第1話から「笑顔で落下してくる飛び降り自殺の女子高生と目が合う」など、中田監督の十八番であるショッキングなキラーショットが連打されるが、一番の話題をさらったのはオカルトホラーの金字塔『オーメン』(1976)をモチーフにした串刺し惨死シーンだ。

録画していた『恐怖新聞』を観ました。 逃れられぬ死に翻弄される登場人物と、死の前兆にハラハラする緊張感は洋ホラー映画『ファイナル・デスティネーション』に似ているなと感じました。 そしてあのシーンは『オーメン』でしょうかね。 pic.twitter.com/B851rD65j6

恐怖新聞見終えたけど内容としては普段観ないのかんじだけど乙一だし中田監督だし、現在の絵もなかなかで 見逃せなくなってしまった(怖いw)

恐怖新聞の演出中田監督なん???最高か???おれ中田監督のホラー大好きです

◆白石聖は初挑戦のホラー演技を熱演

『恐怖新聞』は白石聖さんが毎回必ず返り血を浴びるサービス映像がついてきます。 pic.twitter.com/Goa9e8yxqV

#東海テレビ オトナの土ドラ #恐怖新聞 #1「死を予言する新聞」 京都が舞台、夏らしい本格的ホラードラマの放送開始 お父さんの命まで奪われてしまった、恐怖新聞。 主演の #白石聖 さんが襲われる恐怖の数々を熱演。 刑事役の #駿河太郎 さんはホンマの刑事?! #TVer tver.jp/corner/f0056350

◆ホラー作品にも定評のある黒木瞳はさすがの演技

母親役を黒木瞳が演じているのも見どころだ。黒木は中田監督のホラー映画「仄暗い水の底から」に主演するなど、このジャンルのベテラン。第2話で、亡くなった夫の遺影の前でボールペンをカチャカチャ鳴らす場面の無表情がやけに怖かった。

『恐怖新聞』第2話 黒木瞳さんが旦那の遺骨食ってるシーンとかヤバいですね! このドラマのブーストのかけ方は凄いですよ‼︎ pic.twitter.com/inMvOhzhkZ

マッマあかんて、、、マッマ、、 黒木瞳さんさすがすぎる #恐怖新聞

1 2