1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

虐待騒動や薬物に交通事故…華原朋美が最近の疑惑について語ったこと

8月31日付けで足かけ20年所属した事務所を退社しフリーとして再始動した歌手の華原朋美さん。15日に開設した自身のYouTubeチャンネルで、ベビーシッターによる息子の虐待騒動や薬物依存、それにともなうとされる交通事故など、最近の事情について語っています。

更新日: 2020年09月17日

6 お気に入り 49062 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

代表曲はミリオンを記録した「I'm proud」「I BELIEVE」など

小室哲哉(61)との破局、救急搬送、薬物依存、シングルマザーでの出産など数々の話題で世間を騒がせた歌手の華原朋美

グラビアアイドルを経て95年に歌手デビュー。「I’m proud」などシングル3作、アルバム2作がミリオンセールスを記録。

歌手活動以外にもCM・ドラマ・バラエティー等で活躍するも2007年活動休止。2012年12月、5年ぶりに芸能活動を再開した。

8月31日で所属事務所との契約を解除、フリーに

退社後、TwitterなどSNSを新規開設し

15日に長年所属したプロダクション尾木との“契約解除”を発表された直後、YouTubeの公式チャンネル「華原朋美」をオープン。

そんな彼女「最近の事情についてのご説明」のタイトル動画を投稿

最近の事情についてのご説明 - YouTube

そこで語られたこと…ベビーシッターによる「虐待騒動」について

華原は時折声を震わせながら、自分の長男が預けていたベビーシッターから「哺乳瓶をくわえている最中に逆さ吊り」をされたことについて、状況を説明。

「0歳児の脳は完璧に出来上がっているわけではないので、1歳、2歳、3歳と障害が出る可能性もゼロではないと言われて。私も高齢出産で、奇跡的に生まれた子なので、大事に大事に育ててきました。それがこういう形になってしまったことはとても悔しいですし、信用しきってしまっていたところが間違いだったのかな、と」と語る

【スクープ】 華原朋美と高嶋ちさ子が大モメ 原因は高嶋が華原に紹介したベビーシッターによる「虐待騒動」だった……。 friday.kodansha.co.jp/article/133725

華原は先日、一部週刊誌で薬物依存疑惑やタレント兼音楽家の高嶋ちさ子から紹介されたベビーシッターをめぐり、警察沙汰のトラブルになっていたと報じられた。

「薬をやめられない」「交通事故」についても

睡眠薬の過剰摂取については「母乳で育てているので、私は妊娠が分かった時からそういうことは一切やっておりません」と否定

交通事故についても「私が一方的にぶつけたわけではないので、ただの事故ということで、保険扱いで5:5で終わっている話なので、マスコミの皆さんも色々大変だとは思いますが掘り返していただきたくないな、という気持ちでいっぱいです」と語った。

「薬をやめられない」で契約解除 華原朋美に“薬物乱用”“交通事故頻発”疑惑を直撃 | スクープ速報 #華原朋美 shukan.bunshun.jp/articles/-/139…

1 2